逗子葉山暮らしのほんとのところ。

都心と鎌倉の不動産営業を経て思うこと、郊外からの移住、都内通勤や日々のこと。

MENU

#効果抜群!!湿気・カビ対策。

f:id:nika_zushihayama:20210614221640j:plain

海辺の街の湿気

と、突然通販のようなタイトルですが、笑
今年もやってまいりました、梅雨の季節。 私たちの住んでいる逗子葉山鎌倉界隈は、とにかくカビの生えやすい地域。
海からの湿度を帯びた風が山により遮られることによって、また地中から蒸発することによって、場所によってはかなりの湿度となります。

なもんで、梅雨の時期〜夏に入るころ、ご近所では決まってカビの話題がもちあがります。
私も都心部から引っ越してきて初めて迎えた梅雨明けは、びっくりするほどのカビの洗礼を受けました。


カビの生えた場所

・2階より1階。1階より地下。
・革靴、布の靴(ツルツルしてないスニーカー)
・革製品(高級なバッグ程よくカビる)
・革のベルト
・収納に使ってるカゴ
・ベッドの引き出し
・洋服
・バッグの持ち手
・イケアの布製のボックス

と、他にもあったような気もしますが、とにかく驚くほどなんでもカビるんです。
カビがその姿を現すのは梅雨を超え、カラッとした夏を迎えたころが一番多く、ジメッとした梅雨の間はこっそりと繁殖活動に励んでいるようです。
梅雨明けを迎えて、よかった、今年はカビでなかった!とほっとした頃、家中の至るところで衝撃の光景を迎えることになるので、そのショックは大きいです。。

ちなみに私が当時住んでいたのは、海から歩いて7、8分の、海も山も特別近いわけではない普通の住宅地でした。
1階と2階のメゾネットで、1階が寝室と収納、水回り。2階がリビング、キッチンといった間取り。
日中を長く過ごすリビングを2階に、というのは大賛成なのですが、そうなると必然的に湿気のたまりがちな1階に、荷物や服を置くことになり、被害が増大してしまったという感じです。
(それでも、個人的にはトータルで考えて2階リビングを推奨しますが)

初めてその光景を見たときは、かなりショックで、ネットでカビ対策を検索しまくり、試行錯誤する日々。カビの匂いに過敏になり、家中にカビが生えているような気がして、そこら中のものをひっくり返してました。
しばらくはカビと戦い続ける日々が続いていましたが、逗子在住2年目に出会っためちゃくちゃ優秀なカビ対策グッズと(画期的な?)カビ対策方法により、それ以降ほとんどカビに悩まされることはなくなりました。

私のとっておきのカビ対策【布団乾燥機】

そのとっておきのカビ対策グッズを紹介する前に。
私が行なっているカビ対策がこちら。

◯除湿機・水取りぞうさん・炭

これは湿気の多いところに住んでいる人なら当たり前、ですよね。
室内で洗濯物を乾かすのに浴室乾燥も使用しますが、梅雨時は除湿機を積極的に使うようにしています。
洗濯物を乾かすついでに、その部屋の除湿をすることでカビの発生を防ぎます。

ちなみにうちには除湿機は一台しかありませんが、1週間くらい雨が降り続いたら、クローゼットと玄関で除湿機をまわすようにしています。


◯布団乾燥機

個人的には画期的!だと思っている布団乾燥機を使ったカビ対策。

うちのベッドの下には木製の引き出しがあって洋服を入れているのですが、逗子に引っ越してきて1年目、なんかカビ臭いな、と思って見たら、引き出しの横や裏がカビでびっちり…すさまじい量のカビが発生しました。


ここにも例のおすすめのカビ対策グッズを使い、以後カビが生えることはなくなったのですが、それでもやっぱり不安。

カビがはえていなくとも、湿気ぽいのもなんとなく嫌なので、雨が降り続きなんかしめっぽいな〜と感じたら、念のためこの引き出しをベッドから引っ張り出し、布団乾燥機を突っ込んで、数時間稼働させています。

すると、明らかにしっとりしていた引き出しの木材がカラッカラなるのがわかります。
来客用の布団をしまっている押入れも、梅雨に1回だけですが、布団乾燥機を突っ込んで、乾かすようにしています。

布団乾燥機には大きくわけて、袋のようなものを広げてその中に空気を送り込むものと、ノズル式のものがあって、雨で濡れたスニーカーなどを乾かすのにも使えたり、ということを考えると、個人的には、ノズル式の方がおすすめ。
セットの手間がなくて気軽で、引き出しの除湿にも使用できるので重宝しています。

季節は真反対ですが、冬場の寒い日、以前は寝る1時間前から電気毛布を入れていたのですが、数年前からは布団乾燥機で寝る直前にスイッチを入れてあたためるようになりました。
ベッドに入った瞬間のヒヤッとするのが嫌なだけで、一度暖まってしまえばそのあとは暑くなりすぎるし、乾燥が気になるのでスイッチをむしろ切りたいということと、事前にセットするのを忘れていても10分もあればあっという間に暖まるので、最悪自分がベッドに入るタイミングで使っても大丈夫な、手軽な感じが私にはぴったり。

なので、私の家では、夏も冬も一年中、布団乾燥機がスタンバイしています。


めちゃくちゃ優秀なカビ対策グッズ!!
”カビホワイト”

ということで、そのめちゃくちゃ優秀なカビ対策グッズがこちら!!
Amazonや楽天などで簡単に手に入る

”カビホワイト”です。

 

f:id:nika_zushihayama:20210614221812p:plain

 

f:id:nika_zushihayama:20210614222411p:plain

私が愛用しているのは、下記4種類ですが、他にもゴムパッキンなどに使いやすいジェル状のものなど、種類豊富。

【カビホワイトの種類】

・赤
お風呂はもちろん、壁紙や土壁、珪藻土や砂壁にも使える、強力なカビ除去剤

・緑
布団やベッドのマットレス、木材などに使えるソフトなカビ除去剤

・水色
衣類や革靴、かばんなどに使えるカビ除去剤

・青
室内の壁などのカビ予防のための、カビ防止剤


商品はこちら↓↓

https://www.amazon.co.jp/dp/B007KTN33A/ref=redir_mobile_desktop?_encoding=UTF8&aaxitk=a47fc77baca8a7c41bcf429b4eaec9ba&hsa_cr_id=5482204720903&pd_rd_plhdr=t&pd_rd_r=a0921183-faf8-4bd7-b833-af9474ed841b&pd_rd_w=dboYT&pd_rd_wg=GaSkG&ref_=sbx_be_s_sparkle_mcd_asin_0_title


ベッドのマットレスをカビさせてしまった時、さすがにマットレスは捨てられず、やむなくカビキラーだったかカビハイターだったかを使ってカビを取り除いたことがあり。
カビを取り除いたあと、何度も濡れたタオルで薬剤を落とそうとがんばったものの、しばらくはあの鼻につくツンとした匂いが…
カビキラーなどは、洗い流すことが前提なので、洗えないものに対して使うのは、やはり心配です。
それに洋服などの色物は、色落ちしてしまう可能性が高く、中々身の回りの衣類などには使えないんですよね。
それに比べて、このカビホワイトは安全安心!


カビホワイトの優秀なところ

◯乾燥すれば無害!
アルコールのように蒸発し乾燥すると無害になるので、拭き取れないものはそのままでも大丈夫、とのこと。
ペットや子供がいるお家でも安心して使用することができます。

◯根こそぎカビを除去!
カビの胞子だけでなく、菌糸まで分解。
一般のカビ防止剤では取り除けない塩素耐性菌までもやっつけることができるそうです。

 

◯漂白されない!
木材や革製品、衣類など、色落ちが心配ですが、私がこれまで使用したものでは色落ちはしませんでした。
ちなみに昔調子に乗って買ったPRADAの革のバッグも大丈夫でした。

 

◯期間が長持ち
一度使えば効果が長持ち。
カビ防止スプレー青の商品説明には効果は2年、とありましたが、一度使用したところは、3年目にあたる去年もカビはでていませんでした。

私はカビのでてしまったところをカビホワイトで除去した後、カビ防止スプレーも併用しています。
安全安心な成分なのに、カビキラーなどで落ちなかったカビを落とせるほどの強力さ。
これこそが、カビホワイトの素晴らしさです。

 

※使用するものによって変色などの可能性があります。商品の説明や注意書きをよく確認した上で、ご自身の判断でご使用ください。

 

 

手軽で間違えのないカビ対策、いかがでしたか?
他にもいろいろとカビ対策はあるかと思いますが、いい対策方法が見つかってない!という方はぜひ試していただけたらと思います。

今年もじめじめした梅雨に入りましたが、梅雨明けの夏の到来を心待ちに、この季節を快適に過ごしましょう!

 

-----

▽海辺の婚活✕ウエディング✕不動産仲介
https://www.greenweddinghayama.com

▽海辺の街のあれこれinstagram
instagram.com/miwako_nikaido

instagram.com/green_wedding_hayama

 


逗子鎌倉葉山への移住の相談、お部屋探し、海辺の街を中心とした婚活(IBJ加盟)から少人数の結婚式やフォトウエディングのプランニングをしています。

お気軽にお問い合わせください。
 ▽お問い合わせ先(不動産・婚活・ブライダル)
nikaidomiwako@gmail.com

 

 

f:id:nika_zushihayama:20210614222302j:plain

 

www.miwa-hayama.info

 

 

www.miwa-hayama.info

 

 

www.miwa-hayama.info

 

 

www.miwa-hayama.info

 



ポチッと応援お願いします!  ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ